法人の決算申告を税理士が作成し代理提出します

よくある質問【Q&A】

  • HOME »
  • よくある質問【Q&A】

目次

ご依頼前に

Q:年に一回、決算申告のみを依頼することは可能ですか?

A:もちろん可能です。
税務顧問や会計顧問などの月額の顧問料は必要なく、決算申告のみをお申し込みいただけます。

Q:領収書を保管しているだけで、何もしてませんが、頼めますか?

A:もちろん可能です。
お客様にて領収書等をある程度の整理をしていただき、必要書類をまとめていただければ、作業はこちらにて全て行います。

Q:申告期限ギリギリなのですが、間に合いますか?

A:可能です。
ただし、お申込みのプラン・必要書類の準備状況・作業量などにより異なりますが、申告期限の2週間前までにすべての必要書類をご用意いただければ、作業をスムーズに行えます。

Q:直接会ってから依頼するか決めたいののですが。

A:もちろん可能です。
打ち合わせ当日にお会いして頂いた時に、最終的なお申込みをお決めいただいて構いません。

Q:東京以外の遠方でも依頼は可能ですか?

A:可能です。
ただし、初回お申込みの際には、ご本人確認などのコンプライアンスの関係上、実際にお会いして打ち合わせをさせて頂いております。
次回以降は、電話・メール・FAXなどの他、Skype やFaceTimeやChatWorkでの打ち合わせも可能です。
首都圏だけではなく、 栃木県・愛知県といった地方の方からもご依頼頂いております。

Q:途中まで別の税理士に頼んでいたのですが変更は可能ですか?

A:はい可能です。
お預けしている決算に関する必要書類を前の税理士から返却していただいた後に、その書類をお渡しいただければ、よりスムーズかと思います。

Q:申告期限が過ぎてますが、対応可能ですか

A:可能です。
申告期限後であってもお申し込みいただけます。
なるべく早めに申告することをおすすめしております。

Q:銀行や役所に申告書を提出したいので、早めに申告書を作成してもらえますか?

A:当社はスピード対応を心がけておりますので、出来る限り希望に沿わせていただきます。
お急ぎの場合には、ご依頼の際にご希望の納期をお知らせください。
ただし、ボリュームや納期によってはご希望に添えない場合もございます。

Q:融資を受けるため銀行に決算書を提出するので、融資に通用する決算書にして欲しいのですができますか?

A:お客様のご要望をしっかりとお伺い、最大限ご希望に応えられる決算書を作成します。

サービス内容について

Q:申告書は誰が作成していますか?

A:当社サービスは、外部の外注先はもちろんのこと、無資格の従業員や派遣社員は業務をしておりません。
経験豊富な税理士が直接担当させて頂いており、低価格で高品質なサービスを提供させて頂いております。

Q:納める税金は少しでも少なくしてくれますか?

A: 可能な限りの節税対策をさせていただきます。
時間的に余裕があった方が節税の幅が広がりますので、申告期限間際ではなく早めにお申し込みされることをお勧めいたします。
なお、税理士法に違反するため脱税に関するアドバイスはしておりません。

Q:会計ソフトはどの製品でも可能ですか?

A:格安プランをお申し込みの方は、どの会計ソフトでも構いません。
ただし、標準プランの場合には、原則として MF クラウド (株式会社マネーフォワード)・freee(freee株式会社)・弥生会計(弥生株式会社)・ JDL(株式会社日本デジタル研究所)の方の対応をさせていただいておりますが、他の会計ソフトもできる限り対応させていただきます。

料金について

Q:料金の支払いは、いつすればいいですか?

A:前金制とさせていただいており、事前のご入金をお願いしております。
ご依頼業務の開始は、ご入金の確認後となります。

Q:今の税理士よりも料金が安いのですが、心配ないですか?

A:正直申し上げると、初めての法人様の経理申告業務は業種業態だけでなく、お客様ごとに大きく異なりため、特に初回の申告は確認事項や仕事量のほか作業時間もかなりかかります。
ただし、当社のサービスは期間限定かつ件数限定でお受けすることにより低価格で高品質のサービスを実現しております。

Q:別途顧問契約などが必要ですか?

A:ご依頼に際して別途顧問契約は必要ありません。
ただし、決算の時だけでなく定期的に経営のほか税務や会計などについての顧問をご希望の方は別途お見積りをさせていただきますので、お申しつけ下さい。

Q:広告などで決算申告料がもっと安いサイトを見つけましたが、その金額にはなりませんか?また、分割して支払うことはできますか?

A:申し訳ありませんが、当社は明瞭料金にてサービスを行っているため、相見積もりによるお値引きや分割支払いはお受けしておりません。

相談やアドバイスについて

Q:今回の申告について、節税などの税金のアドバイスはいただけますか?

A:もちろん可能です。
お申し込み頂く申告に関しましては、出来る限りの節税などのアドバイスを税理士がさせていただきます。
なお、時間的に余裕があった方が節税の幅が広がりますので、申告期限間際ではなく早めにお申し込みされることをお勧めいたします。
せん。

Q:来年度以降の申告や決算についても、相談にのってくれますか?

A:もちろん可能です。
ご依頼いただいた申告内容を確認させていただき、その際に気がついた節税などのアドバイスなども、最終の打ち合わせの際に、税理士がアドバイスさせていただきます。

Q:税理士に申告書を作成してもらうことのメリットは何ですか?

A:税理士は会社が作成した決算の内容に基づいて、税法の範囲で出来る限り税額が少なくなるように申告書を作成する義務があります。
従って、そんな税法の特典は知らなかった!などの理由により、誤って税金を多く納めることになることはありません。
そのほか経営者の方などが申告業務に時間を取られなくなるのでその分、本業に専念できる時間ができるなどのメリットがあります。

Q:税理士に申告を依頼すると税務調査が来ないと聞いたのですが本当ですか?

A:税理士が申告しても税務調査が絶対にないということはありません。
ただし、専門家である税理士が決算の内容を確認して作成した申告書が提出されている場合には、税務署の税務調査に対して一定の効果があるとはいわれています。

 

PAGETOP